潜在看護師の雇用に積極的な病院が増えているのをご存知ですか?

近年の日本医療界ではナース不足の深刻化が嘆かれていますが、そのせいもあって潜在看護師の雇用に積極的な病院が増えているというのをご存知でしょうか。
今回はそうした方面に焦点を当てて求人の実態についてご紹介。
しばらく現場を離れていた方でも安心して働くことが出来る環境が増えてきているようです。


潜在看護師の雇用に積極的な理由とは?

最近になって医療界が潜在看護師の雇用に積極的になっているのは上記の通りですが、もう一つの理由としては経験があるので研修が短期間で済むという利点もあります。
新人の育成であれば一人で業務を任せられるようになるまで数年は見積もっておかなければなりませんが、過去に経験のあるナースであれば研修期間もわずかで済むという大きなメリットがあります。
また、潜在看護師の方の中には小さなお子様を育てている方も多く、そのためパートタイム勤務など限られた時間で働くといった場合が多いです。
そのため、限られた時間だけ人手不足になりがちな病院などにも好都合となっており、育児支援も充実している病院では多くの潜在看護師がカムバックしているようです。


育児支援制度が充実している病院も増えています!

上記のように近年では育児支援が充実している病院が増えてきています。
そもそも、看護師が人手不足に陥ってしまった原因として育児支援制度の不備が一つの要因として挙げられています。
そのため、育児と仕事の両立ができなくなってしまったナースが大量に辞めてしまう結果となったのです。
こうした過去の反省を活かして最近の病院では院内保育や育児休業などを用意しているところも増えてきており、小さな子どもを育てている方でも仕事と育児の両立が出来るような環境が揃ってきているのです。
現在しばらく現場を離れてしまってもう働くことが出来ないと考えているナースの方は、ぜひ一度転職サイトなどを参考に再就職を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの病院求人:さくら会病院 求人

自分以外の看護師っていくらくらいもらっているの?

看護師の方の転職理由で一番多いのは、「もっと高い給料をくれるところで働きたいから」だと言われています。
患者の病院内での生活を徹底的にサポートする仕事をしているのですから、それなりに高い対価を払ってもらうのが普通ですよね。
しかし、現在のお金に満足していない人がかなり多いのが実情のようです。
では、看護師の給料の相場はどのくらいなのでしょうか?


ハードな仕事をこなす看護師の給料はそんなに高くない

看護師の月々の給料の相場は30万円程度、年収は400万円程度だと言われています。
これを低いと見るか高いと見るかは人によって違ってくるでしょうが、年収は日本全体で見るとだいたい平均値くらいです。
そう思うと、「なんだか労働の割りに合わないんじゃない?」と思えてきてしまいませんか?
いい給料をくれるところを探している人たちが多いのにも納得がいきますよね。
しかもこれが平均値だということは、この額よりももっと低い給料で働いている人がたくさんいるということになります。
看護師の金銭的な実情は、かなり厳しいようですね。


転職で給料が上がるとも限らない

給料に満足がいかなくて、毎日求人広告をチェックしているという看護師の方もたくさんいらっしゃるでしょう。
しかし、転職に成功したからといって給料が必ずしも上がるとは限りません。
そのような方は転職先を選ぶ際に給料の欄を見ると思いますが、実際はその通りの額がもらえるというわけではないからです。
保険や税金、はたまたその病院の制度によって給与からある程度の額が引かれることも想定しておかなければなりません。
求人に書いてあるそのままの額が受け取れるというわけではないので、給与を基準にして転職先を探しているという方は面接のときなどに詳細を聞いておきましょう。

ブランクのある看護師の職探し

看護師を長年やってきた。その中で多くの人の治療をサポートしたし、入院患者とも多く接してきた。でももう看護師を辞めてから久しい。
結婚を機に看護師を退いてからはやウン十年、でも昨今の看護師不足の知らせを聞いて、自分もまた現場に戻りたいと思っている…なんてことを考えている元看護師の方は少なくありません。子供が少し落ち着いたりした折にまた働きたいと思うことは何も不思議なことではありません。


看護師求人サイトで情報を探してみよう

求人サイトには、ブランクのある元看護師の方でもスムーズに勤務をはじめられる病院や施設の情報が参照できます。
昨今は高齢化社会になった影響もあり、病院や介護施設の人手不足が強く言われています。もしあなたがまた働きたいと思っているのなら喜んで歓迎する病院は多いでしょう。


ブランクを埋める努力を

復職しても、すぐに前のような仕事ぶりは発揮できないかもしれません。以前とは違う勝手を求められるので、そのブランクを埋めるために多少の努力を求められることは努力しなければなりません。
最近は医療器具もすごく発達していますから、その操作など、以前とは違うポイントを一つ一つ抑えて行けるか否かが大事なポイントです。

看護師の転職に重要な勤務形態

売り手市場といわれている理由には、慢性的な看護師不足に加え、入れ替えの激しい現場でもあるということがあります。夜勤のある職種でもあり、ライフスタイルに合った勤務形態でないとせっかく転職しても長続きしづらいです。

自分にあった勤務形態を決めておく

看護師としての転職を成功させるには、いくつかのポイントがありますが、今の自分に可能な勤務形態を明確にしておくことは重要です。売り手市場だけあって求人に出ている勤務形態はどの職種よりも多くあります。常勤、パート、派遣、短期、夜勤専従など様々な形態があることでしょう。お休みの希望は土日・祝日なのか、週に何日勤務希望なのか、お給料はどのくらい欲しいのか、先に明確にしておくと失敗が少なくなります。

看護師は求人が多いのだから妥協をしない

自分のライフスタイルを考えて、どういう勤務形態だと可能かを明確にしたら、あとは焦らずに余裕をもって求職活動をすることです。看護師求人の情報サイトがいくつもありますから、プロのコンサルタントからアドバイスをもらうのもいいかもしれません。売り手市場で求人が多いぶんすぐに決めたくなりますが、妥協をしてしまうと家庭がうまくまわらなくなってしまうなど、ストレスがたまってしまい結局長続きしなくなってしまいがちですので、気を付けましょう。

看護師の再チャレンジや転職

看護師の業界は、医療のめまぐるしい進歩の最前線に立っています、そのため一時的な離職でも、そのブランクによって再び職場に戻ることには大きな不安を感じるものです。また第一線で頑張りたいという希望があったとしても、「ついていけるのだろうか」と二の足を踏んでしまうことも多々あるでしょう。しかしそれは大変勿体無いことです。


<看護師の不足は切実>

看護師の不足は大きな社会問題であり、切実です。一度離職した後の復帰や第一線への転職は社会から望まれています。しかし受け入れの体制が整備されていなければ、再び復帰を望んでいるとしても、その不安を取り除くことはできません。そういった問題を受け、離職した人やしばらく穏やかな職場で働いていた看護師が再び最前線で活躍できるような支援体制を整えた病院も見られます。また転職サイトが、その支援を行っているものもあります。


<転職サイトの利用>

看護師専門の転職サイトでは、ブランクがあって不安をかかえている転職(復帰)希望者に対してサポートが充実しているものも多く見られます。研修やコンサルタントによるカウンセリングを積極的に行い、不安を取り除くことに留意しています。そちらから紹介される職場についても把握しているため、自分の希望に近い職場が紹介されるというメリットもあります。待遇の交渉も行ってくれる安心感もあり、自分は仕事に集中することができます。

看護師志望を応援する奨学金制度

看護師になるには、看護学校やそれに準じた専門施設を卒業し、試験に合格しなくてはなりませんが、この学校に入学するために必要な授業料などの支払いが困難なために、夢を諦めるというケースもあるようです。しかし、そのような経済的事情により学業困難な人のために、奨学金制度が何種類か用意されています。


<返済が必要なものと、そうでないもの>

看護師のための奨学金は主に4種類あり、有利子・無利子で借りるものと、返済しなくともよいもの、また一定の条件化で返済義務が免除されるものなどがあります。比較的多いのが返済義務の免除で、これは学校卒業後、指定の病院に勤務するということを条件に一部、または全額の支払いがなくなります。この奨学金を利用している人も多いことでしょう。


<奨学金の支払いが発生してしまう場合>

元から返済義務のあるものは別ですが、上記のように条件付きでの奨学金は、場合によっては全額返済対象となります。例えば、資格取得後に指定の病院などで一定期間以上勤務しなかったとか、在籍している看護学校を中退したとか、看護師の資格を取れなかった場合などが当てはまります。借りる金額は月々3万円から5万円といったところですが、総額にすれば約100万円〜150万円にものぼります。もし奨学金を利用するのであれば、このような返済条件には必ず目を通しましょう。

求人で看護師を選ぶ設定条件は?

昔から「白隠の天使」といわれる看護師。憧れる方も多いと思われます。長期にわたり入院されている方にとっては、家族以外に親切にしてくれる人として感謝する方は多いと思います。実際にご自分が入院して担当してくれた看護師さんがとても親切でまた丁寧な対応だったと、自分も看護師になって役に立ちたいと思われ資格を取られた方も多いと思います。また給料の面を見ましても、一般的な仕事に比べると高い方だと思いますので、それで選ばれた方もいます。個々に思われることは違います。求人の中にはその希望する内容が、たくさん載っていますので、よく見て選ばれるのが一番です。


<高額というだけで選んで大丈夫?>

求人を探す条件設定に高額給料とされる方もいると思います。求人を選ぶ際にはそういう設定をすることも可能です。ですが高額給料にはそれなりの理由があることをよく理解したうえで、職場を選ぶ必要があります。夜勤が多い、休みが少ないなど体力的に大変なことが多い場合もあります。ですから給料面だけを考えるのではなく、長く考えた場合に自分がやっていけるのかをよく考えてから求人を探すのがいいのだと思います。給料が高くても職場の環境が良くなくては、すぐにやめてしまう事にもなりかねませんので注意しましょう。

看護師は素敵なお仕事なんです

看護師は、私たちの病気の検査をしてくれたり患者さんたちの管理をしてくれたりしますので、本当に頼もしい存在です。
「大丈夫ですよ」といわれるとなんだか本当にそんな気がしてくるから不思議です。
もしかしたら、そう感じている方は私だけかもしれませんが少なからずいるんじゃないかなって思います。
私たちだけではなくて、医師をサポートする役割もありますので本当に頼もしくてありがたいと思うのですが、皆さんはどうですか?


看護師の環境について

看護師の環境は場所によって違ってきますが、なかなか良い環境とは言えないみたいですね。
やはり女性が多いので色々人間関係が大変になってくるみたいですし、仕事の量も多いので悪循環らしいです。
ただでさえ人手不足といわれていますから、どうしても仕事の量は増えてしまうのだそうです・・・。
それで辞めてしまう方も出てきて、人手不足になり仕事が増えて・・・という悪循環が出来てしまっているみたいですから、少しでも早くこのスパイラルから抜け出せるといいですよね。


求人はどのようにして探す?

最近では、看護師の求人も増えてきていますので情報も多くなってきています。
どのサイトで探せば良いのかなんてなかなか分かりませんし、自分に向いている・自分の気になる情報があるのかも検討がつきません。
そんな時は、求人サイトの人気ランキングを参考に選ぶのが良いと思いますので、探してみて下さいね。
一か所だけではなくて、できるだけたくさん見てみるのが良いですよ。

看護師を目指すには

「お医者さんになりたい」「人を助けるお仕事をしたい」と子供の頃夢見た人も多いことでしょう。夢に向かい日々努力を重ねている人も少なくありません。看護師になるには看護師国家試験に合格し、資格を習得しなければなりません。


資格を習得するには

看護師国家試験を受験するには、高校を卒業し大学などの教育機関において3年以上の教育を受けなければなりません。また、准看護師から看護師へと進む方もいます。准看護師は高等学校衛生看護科に進学した場合は3年、准看護師養成所に進学した場合は2年間の教育を受け准看護師試験を受け取得します。看護師は国家資格免許ですが、准看護師は都道府県知事免許となります。准看護師から看護師に進むこともでき、その場合昼間なら2年、定時制なら3年間の教育を受け看護師国家試験を受けることができます。


看護師の就職先

国家資格を取得し晴れて看護師となることができたら、いよいよ看護師としての道を歩みます。看護師求人には病院やクリニックの他に老人ホームや介護施設、福祉施設や訪問看護などがあります。私たちが生きていく上で必要な看護師の職場は、看護師不足という現状もあり看護師求人は後を絶ちません。就職難である現在ですが多くの看護師求人があるからこそ、給料の他に勤務時間や配属先なども考慮し、自分の条件に合った就職先を探すことも可能なのではないでしょうか。

看護師のやりがいや魅力とは?

看護師の仕事は夜勤はあるし、忙しいし、患者さんの体のあらゆるお世話をしなければならない大変な仕事です。その分やりがいも大きいのが看護師の仕事です。魅力があるから、続けていけるのでしょう。


<つらくても喜びの大きい仕事>

病気である患者さんからは心無い言葉を投げつけられることもありますし、体力が持たないこともあります。しかし、人の役に立つ仕事です。病気になって心細い患者さんは、そばにいる看護師さんを頼りにします。優しくしてくれやり、心の支えになってくれる看護師さんには「ありがとう」と感謝の言葉を口にします。ナースにとってその言葉は何よりもうれしいことばです。自分のしていることが役に立っているということを実感でき、やりがいを感じるのはその瞬間です。


<ナースの仕事は全国どこでもできる仕事>

やりがいを感じるには、自分に合った求人を見つけることが大事です。看護師の求人は多く、また、さまざまな医療施設の求人があります。その中から自分がやりがいを感じられる病院を選ぶことが必要です。また、ナースの仕事は資格があれば、全国どこでも病院の求人があれば就職することが可能です。給料も悪くありません。結婚して旦那さんの出張先に一緒についていくこともでき、その地域で働くこともできます。経験があればすぐにでもやりがいのある仕事をすることができます。資格があるというのは心強いことです。

男性看護師の増加に期待が掛かります

本来女性の職業と言われていた看護師ですが、最近はどんどん男性が増えて来ています。


期待される男性看護師

特に、精神科や小児科、救急救命センター等での活躍が期待されています。何れの部署も、精神的錯乱による暴力的行為の対応や力仕事が多い為重宝されます。又、小児科では、父親的存在となり情緒教育や精神安定の一助にも繋がっています。それ以外の診療科でも活躍が期待されています。次に給与面ですが、男性看護師の方が平均年収は高く成っています。これは、男性が大学病院や精神科等の比較的給与の高い所に勤めているケースが多い事が要因です。その上体力的にも有利な為、夜勤が多く組まれたりもします。それ以外にも、女性は結婚や出産で職場を離れる場合が多い事も原因の一つです。それに対して、男性の場合育児休暇を取る人も少なく、長く定年まで勤める人が多い事も特徴です。これから先、男性が増える事で、就業率が上がり慢性的な看護師不足にも貢献出来ます。更には、長年に亘って勤める割合が女性より多い為、重要ポストに就く機会も増えて来ます。現代社会は長引く不況により就職難状態ですが、給料も安定していてリストラもなく、求人も多い職種ですので男性が益々増える事が期待されます。

男性看護師の求人情報

看護師は女性の仕事というイメージがまだまだありますが、男性でも看護師を目指す人が増えてきていると言われています。ナース全体の男性の割合はまだ5パーセント程度なのだそうですが、ナースを目指す男性だけの数字を見ると、希望者が18パーセント以上増加するなど、現在増えてきていると言われています。


男性看護師の求人の多い科

男性の看護師は大きな病院だと、精神科などに配属されることが多いと言われているそうです。理由は、男性には力があるから、と言われています。これには理由があり、精神疾患で入院している患者さんがパニックなどを起こして暴れてしまった場合などに抑えることが難しいからと言われています。また同じような理由から、自分で歩くことが難しい患者さんの多い科などに配属されることも多いそうです。


転職支援サービスで希望を出そう

看護師求人を専門に扱うサイトでは、男性看護師の求人も扱っています。大きな病院で希望しない科で働くことが大きなストレスになってしまっているなどの場合、このような転職サービスを利用して転職を行う人も多いそうです。介護施設などでもナースは必要とされていますので、自分の希望する看護やケアを伝えてみましょう。

看護師求人サイトのそれぞれの違いは?

多くある看護師求人サイトですが、関東付近で新しい職場を探すのであればどれもさほど同じようです。
私も個人的に調べてみましたが、その通りでどの求人広告も比較的に同じような感じで違う所と言えばコンサルタントの質や求人情報の量、情報が掲載されるまでのスピードくらいでした。
とは言っても、それが違ってくるだけでもだいぶ大きいとは思いますがそれを除けば比較的に同じだと言えますね。
特定の求人サイトが優れているという事はないそうです。
優れているとかそういったものは私たちにはわかりませんし、誰かが決める事でもないので自由で良いのだと思います。


看護師求人サイトには複数掲載している求人がある!

これはご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、ある求人広告がそのサイトだけではなくてまた別の求人サイトに掲載されていることがあります。
しかし、逆に一のサイトでしか看護師求人広告を掲載していないところもありますので、一か所のサイトではなくて、色々な求人サイトを覗いてみることをお勧めします。
あとから見つけてこっちにすればよかった、という事のないように!
看護師求人サイトはそういったことがありますので、是非一つでも多くの求人サイトを除いていただけたらと思います。

看護師求人サービスについて

最近、看護師の求人情報を見る機会が増えてきましたが多すぎて選ぶのも探すのも大変だと思います。
そんな時、この看護師求人サービスというものが非常に心強く頼もしい存在になるのです。
看護師求人サービスのサイトのほとんどが紹介型になっているので、自分の希望をエージェントに伝えることでぴったりの職場を探して紹介してもらえます。
万が一、納得が出来ない場合などには何度でも変えることが出来るので紹介してもらったからと言って別に強制的ではないので安心して良いのです。
エージェントがその職場をリサーチしてくれているので、求人の質が良いみたいです。
しっかりしていて頼もしく、安心して任せることが出来て嬉しいですね。


なぜ紹介サービスに看護師求人が集まるの?

病院でのお仕事は激務なので、面接をしている時間がなかなか取れないそうなので紹介サービスに看護師求人が集中してしまうそうです。
また、応募殺到を抑えるために紹介型サービスで人材を募集してもっと募集を減らしたい時に非公開案件にするのだそうです。
確かに言われてみれば、病院側はとても忙しく面接どころか休憩時間もまともにとれていなさそうな気がしますね・・・。
病院での面接って実際にはどれくらいのところで行なっているものなのでしょうか?
ほとんどのところが面接しないとなると、なんだかさらに気になってきますね。

看護師の転職事情

看護師求人の利用者は何もつい最近看護師学校を卒業してこれから看護師になろうという人ばかりではありません。例えば今の職場に何かしらの問題を抱えていて転職を考えている方や、現在サラリーマン勤めをしていて看護師への転職を考えている人、一度出産などで看護師の仕事を休み職場への復帰を考えている人など様々です。


転職に至る事情

転職の理由は人それぞれですがよく聞かれるのは職場の人とうまくいかない、といった人間関係や職場の空気に関する悩みです。特に看護師業界は「女性社会」が根強く職場によっては厳しい年功序列に悩まされる人もいるといいます。また中にはもっと給料が高くないと仕事が割に合わないという人や、残業や夜勤が辛すぎるといった病院の労働環境を起因とする人も多いようです。


看護師求人を利用する上でのコツ

ただこれらの転職希望理由を看護師求人ではあまりオープンに行くのは得策ではないとされています。あなたのいた職場が実際にどのような環境だったか大抵の場合転職先側には想像が難しくもしかしてこの人はうちもすぐ辞めてしまうかもしれない、と思われるリスクがあります。例えばもっと自分の担当分野を突き詰めたい、あるいは別の分野も学んで看護師として幅広い知識を身につけたいといった理由や、家族との時間を大切にしたいといった比較的ポジティブな動機のほうが転職は成功しやすいようです。

看護師求人について

最近は看護師求人が増えてきていますが、なかなか転職しよう!という気持ちが起こりませんよね。
それは求人情報があまり細かく記されていないせいもあるのだと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?
ハローワークやその他のサイトでも看護師求人情報が掲載されていますが、紹介状が必要になりますし一度に応募できる数が決まってしまっているので転職が難しいのだそうです。
確かに、紹介状が必要な上に応募できる数も限られていると効率が良くないですし時間もかかってしまいますよね。
一方、転職サイトの方ですと好条件の求人情報を掲載しているものが多いので、転職がうまく行きやすいとの事です。


看護師にとって働きやすい環境とは

人材不足に悩まされている状態なので、看護師求人が増えているそうです。
医療の現場は常に人手が足りないと問題になっていますから、アルバイトでもフルタイムで勤務するところが多いようですね。
働く時間の長さを選べるようにしたり、子育て支援を行うなど少しずつですが環境が変わり始めているみたいなので安心ですね。
とは言っても、まだ完全には安心できませんが今後環境も改善されていくのではないのかと思います。
待遇や給料の方もそれに見合ったものが増えてきているので、看護師はやりがいのある仕事ではないかなと感じます。
転職を考えている方は、是非そういった転職サイトを覗いてみて下さい。