自分以外の看護師っていくらくらいもらっているの?

看護師の方の転職理由で一番多いのは、「もっと高い給料をくれるところで働きたいから」だと言われています。
患者の病院内での生活を徹底的にサポートする仕事をしているのですから、それなりに高い対価を払ってもらうのが普通ですよね。
しかし、現在のお金に満足していない人がかなり多いのが実情のようです。
では、看護師の給料の相場はどのくらいなのでしょうか?


ハードな仕事をこなす看護師の給料はそんなに高くない

看護師の月々の給料の相場は30万円程度、年収は400万円程度だと言われています。
これを低いと見るか高いと見るかは人によって違ってくるでしょうが、年収は日本全体で見るとだいたい平均値くらいです。
そう思うと、「なんだか労働の割りに合わないんじゃない?」と思えてきてしまいませんか?
いい給料をくれるところを探している人たちが多いのにも納得がいきますよね。
しかもこれが平均値だということは、この額よりももっと低い給料で働いている人がたくさんいるということになります。
看護師の金銭的な実情は、かなり厳しいようですね。


転職で給料が上がるとも限らない

給料に満足がいかなくて、毎日求人広告をチェックしているという看護師の方もたくさんいらっしゃるでしょう。
しかし、転職に成功したからといって給料が必ずしも上がるとは限りません。
そのような方は転職先を選ぶ際に給料の欄を見ると思いますが、実際はその通りの額がもらえるというわけではないからです。
保険や税金、はたまたその病院の制度によって給与からある程度の額が引かれることも想定しておかなければなりません。
求人に書いてあるそのままの額が受け取れるというわけではないので、給与を基準にして転職先を探しているという方は面接のときなどに詳細を聞いておきましょう。