看護師のやりがいや魅力とは?

看護師の仕事は夜勤はあるし、忙しいし、患者さんの体のあらゆるお世話をしなければならない大変な仕事です。その分やりがいも大きいのが看護師の仕事です。魅力があるから、続けていけるのでしょう。


<つらくても喜びの大きい仕事>

病気である患者さんからは心無い言葉を投げつけられることもありますし、体力が持たないこともあります。しかし、人の役に立つ仕事です。病気になって心細い患者さんは、そばにいる看護師さんを頼りにします。優しくしてくれやり、心の支えになってくれる看護師さんには「ありがとう」と感謝の言葉を口にします。ナースにとってその言葉は何よりもうれしいことばです。自分のしていることが役に立っているということを実感でき、やりがいを感じるのはその瞬間です。


<ナースの仕事は全国どこでもできる仕事>

やりがいを感じるには、自分に合った求人を見つけることが大事です。看護師の求人は多く、また、さまざまな医療施設の求人があります。その中から自分がやりがいを感じられる病院を選ぶことが必要です。また、ナースの仕事は資格があれば、全国どこでも病院の求人があれば就職することが可能です。給料も悪くありません。結婚して旦那さんの出張先に一緒についていくこともでき、その地域で働くこともできます。経験があればすぐにでもやりがいのある仕事をすることができます。資格があるというのは心強いことです。

男性看護師の増加に期待が掛かります

本来女性の職業と言われていた看護師ですが、最近はどんどん男性が増えて来ています。


期待される男性看護師

特に、精神科や小児科、救急救命センター等での活躍が期待されています。何れの部署も、精神的錯乱による暴力的行為の対応や力仕事が多い為重宝されます。又、小児科では、父親的存在となり情緒教育や精神安定の一助にも繋がっています。それ以外の診療科でも活躍が期待されています。次に給与面ですが、男性看護師の方が平均年収は高く成っています。これは、男性が大学病院や精神科等の比較的給与の高い所に勤めているケースが多い事が要因です。その上体力的にも有利な為、夜勤が多く組まれたりもします。それ以外にも、女性は結婚や出産で職場を離れる場合が多い事も原因の一つです。それに対して、男性の場合育児休暇を取る人も少なく、長く定年まで勤める人が多い事も特徴です。これから先、男性が増える事で、就業率が上がり慢性的な看護師不足にも貢献出来ます。更には、長年に亘って勤める割合が女性より多い為、重要ポストに就く機会も増えて来ます。現代社会は長引く不況により就職難状態ですが、給料も安定していてリストラもなく、求人も多い職種ですので男性が益々増える事が期待されます。