潜在看護師の雇用に積極的な病院が増えているのをご存知ですか?

近年の日本医療界ではナース不足の深刻化が嘆かれていますが、そのせいもあって潜在看護師の雇用に積極的な病院が増えているというのをご存知でしょうか。
今回はそうした方面に焦点を当てて求人の実態についてご紹介。
しばらく現場を離れていた方でも安心して働くことが出来る環境が増えてきているようです。


潜在看護師の雇用に積極的な理由とは?

最近になって医療界が潜在看護師の雇用に積極的になっているのは上記の通りですが、もう一つの理由としては経験があるので研修が短期間で済むという利点もあります。
新人の育成であれば一人で業務を任せられるようになるまで数年は見積もっておかなければなりませんが、過去に経験のあるナースであれば研修期間もわずかで済むという大きなメリットがあります。
また、潜在看護師の方の中には小さなお子様を育てている方も多く、そのためパートタイム勤務など限られた時間で働くといった場合が多いです。
そのため、限られた時間だけ人手不足になりがちな病院などにも好都合となっており、育児支援も充実している病院では多くの潜在看護師がカムバックしているようです。


育児支援制度が充実している病院も増えています!

上記のように近年では育児支援が充実している病院が増えてきています。
そもそも、看護師が人手不足に陥ってしまった原因として育児支援制度の不備が一つの要因として挙げられています。
そのため、育児と仕事の両立ができなくなってしまったナースが大量に辞めてしまう結果となったのです。
こうした過去の反省を活かして最近の病院では院内保育や育児休業などを用意しているところも増えてきており、小さな子どもを育てている方でも仕事と育児の両立が出来るような環境が揃ってきているのです。
現在しばらく現場を離れてしまってもう働くことが出来ないと考えているナースの方は、ぜひ一度転職サイトなどを参考に再就職を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの病院求人:さくら会病院 求人